忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
[-_-;] (みかん)
性別:
男性
趣味:
プログラミング、XOPS
自己紹介:
関東地方から中部地方に引っ越しました。
最新コメント
[09/24 NONAME]
[06/10 NONAME]
[01/29 NONAME]
[09/15 NONAME]
[04/16 ミカンファイトq(^-^q)]
カウンター
XOPSを取り扱うサイト「みかん箱」等を運営する[-_-;](みかん)のブログ。 近状を中心に語っていきます。
Prev Month12345678910111213141516171819202122232425262728293031Next Month
これで良かったのだろうか
今回もリアル側の愚痴会です。
毎度のように、いつだれがこのブログ記事を読むか分からないので、事細かく
説明するわけにはいかないのですが。


去年の5月から状況が一変し憂鬱な日々を送っていましたが、丸1年経った今月で
脱出できるかもしれません。
来月からは元通り(に近い)生活に戻れるかもしれないってことです。
私から直接希望をしたわけではないのですが、色々あって戻る機会を得ました。

率直に言って、複雑な心情で素直に喜べないです。

今思えば、去年の夏ごろに自分の中で何かが一度ポッキリと折れてから、
最後まで立ち直れなかった感じです。
それからは、年月だけが無事に過ぎていくことを願いつつ、ただただ耐えて
いるだけでした。
そんな状態では物事がうまく進むわけもなく、今回を迎えたということです。
見方を変えれば、言わば一種の戦力外通告を受けたみたいな感じでしょうか。
(スポーツの世界とは重みが違いますけど。)

第三者から客観的に見れば、もっと長い期間やるべきだったのかもしれません。
結局何もできず何も残せませんでした。心の残りがあるもの事実です。
しかし、これが現実であり結果であり、今の自分の限界点だったと思います。
一言「向いていなかったから」とすると簡単ですが、自分自身に柔軟性が
なく、環境に対応できなかったことも原因だと思います。

一方で、主観的に自己中心的な考えでいえば、心から望んでいたことであり
一刻も早くこうなる(してもらう)べきで、歓迎するべき状況だという気持ち
もあります。
「この1年間を今後どう活かすかが大切だ」とかいうと、それっぽくてかっこいい
ですが、実際その通りで今後も頑張っていきたいと思います。
それなりに色々な経験もしましたし。
今まで心配・応援していただいた方々に感謝しなければなりません。


なんか、ぜんぜんまとまっていない滅茶苦茶な文章ですが、夜も遅いですし
ご勘弁ください。気が向けば、改めて触れるかもしれません。

なんか最近だんだん暑くなってきましたね。
春も終わり、また夏が近づいているようで。
category : 管理人の独り言 comment [0]
PR
今までの活動は正しかったのか
花粉症のシーズンですね。
直近の近状報告をすれば、OpenXOPS含めXOPS関係の活動の
進捗はよくありません。
平日にHPを消耗しすぎていて、休日は何もできなんです・・・。
ここ最近の休日の過ごし方は、部屋でダラダラです。
我ながら勿体ない。


先日、某ホラーゲームの最新版がリリースされました。
そのゲームを実際にプレイしたり、ネット上の実況動画を見て、
ゲームの内容以上に色々考えさせられました。
(別にゲーム名を伏せる必要ないのですが、別にわざわざ
 そのゲームを紹介したい意図はないので。)

基本的には、ほぼ1人で制作しているようなのですが、
クオリティが個人製作のレベルじゃないんです・・。
ゲームエンジンはUnreal Engineを使っており、サウンドやCV、
ゲーム内の一部イラストは他の方から提供してもらっている
ようですが、企画・シナリオ・プログラム・グラフィックは
全部自前でやっているみたいです。

ゲームの完成度の高さは誰でも感じているようで、
攻略wikiや多数の実況動画はもちろん、ストリーミングでライブ
配信する人が出たりと、熱心なファンも付き始めてるようです。


XOPSの作者(team-MITEIのお2人)といい、このゲームの作者
といい、これだけ世の中(っというと大げさ?)に影響を与えて
熱心なファンを生み出せるって、本当にすごい話です。
尊敬できますし憧れます。
世の中に対して、ちゃんとしたアウトプットができる方で、
かつ私のように単純なプログラミングしかできないような頭の固い
人間じゃないんだろうなぁ~っと思ったり。
(プログラミングは目的ではなく手段だという類の話ですね。)

改めて考えれば、自分はゲームソフト屋ではなく、ゲーム
エンジン屋なのかもしれません。

企画やシナリオを考えながら、グラフィックやサウンドを揃え
つつ・・・っというのは、自分には向いていません。
まともにやったことないですが、たぶん私にはできません。
(XOPSのaddonですら、テクスチャは本家からの拾い物で、
 まともなストーリーモノは作れません。)
2013年頃にも似たようなことを言っていましたが、私にエンター
テイメントセンスはないわけです。

VC++でDirectXがどうだとか、ゲーム内のオブジェクト管理が
どうとか、ゲームデータ作成用のエディタがなんだとか、
そういうところばっかり突くのが好きなんです。
ただ、ゲームエンジンはUnityとUnreal Engineの二強時代に
なりつつあり、もうちょっと軽くて手軽なものだとDXライブラリ
があったりして、
自分でゲームエンジンを作る時代ではなくなってきています。

「ゲームソフトを作れる人すごい! 憧れる!」と言いながら、
ゲームエンジンとかいう低レイヤーのところしか作れない
(作ってこなかった)あたり、今までの活動が正しかったのか
自信がありません。
もし、ちゃんとゲームソフト側を作れる誰かと手を組めれば、
それはそれで良いのかもしれません。
ただ、UnityやUnreal Engineがある中で、一緒にやってくれる人
が現れるかも分かりませんし、誰かと共同作業っというのは、
それもそれで大変なんですよね。
category : 管理人の独り言 comment [0]
判断を間違えたかもしれない
相変わらずOpenXOPSは何もできていません。


私生活のほうで、ちょっとばかり大きな決断を迫られました。
今後の人生にも関わるかもしれない話です。

いつ誰が見るかわからないネット上で、あまり細かいことを
言うわけにはいかないのですが、人から誘われた(?)こと
を発端に、今まで歩いてきた道から逸れるような判断です。
逸れたまま戻ってこないかもしれません(^^;

一応自分で判断したのですが、その判断が正しかったのか、
全くわかりません。
数年後ないしは十数年後に、この判断で後悔していなければ
いいのですが・・・。
未来の自分のみぞ知るっと言ったところでしょうか。


・・・こういうことを書くと稀に心配される方がいますが、
OpenXOPSなどXOPS関連活動には一切関係ありません。
念のため。
category : 管理人の独り言 comment [0]
知人との電話で再認識したこと(メモ書き)
あまり実感が湧かないのですが、もう8月に入ってしまいました。

もうすぐ連休ですね。何しましょ。
多分、OpenXOPSとかXopsAddonCreatorとか弄って過ごすと
思います。


先日、とあるリアルの知人と電話をした際に、色々と衝撃的だった
ので、忘れないように書き残しておきます。

ネットという誰でも見れる媒体である以上、あまり細かいことを
書いて、万が一にも(このブログと私が)本人や関係者に特定
されても困るので、大ざっぱにしか書きません。
このブログやXOPSとは関連性が全くないため、可能性はゼロに
等しいですが、念のため。
category : 管理人の独り言 comment [0]
シンプルな作りによるワクワク感
ブログの更新をサボっている間にも、OpenXOPSのトップページを一部
作り替えたり、PukiWiki触ってみたり、スマホを買い足したりと色々やった
のですが、その辺は後日のネタにします。


某所でとある方(※)が、近年のFPSゲームで定番化しているシステムを
取っ払った古くさい・・シンプルなFPSゲームを作りたいと発言していた件
について。
わが身を見た時、OpenXOPSも似たような発想に辿りつくのではないかと
感じました。

コンピューターボードのRaspberry Piや、スポーツカーの86(新しい方)と
いったように、あえてシンプルに(そして安価に)作り、ユーザーが好きな
ように使える楽しさを狙っている点が、OpenXOPSと似ているのではない
でしょうか。

近年のFPSゲームは、XOPSに比べてグラフィックやサウンドのクオリティ
が高く、ゲームシステムも凝ったゲームばかりだと思います。
ゲームは、常に新しいモノが求められるエンターティメントで、加えて
コンピューターの凄まじい進化も重なっており、逆らえない時代の流れだと
思います。
一方で、謎の最新技術が使われた魔法の固まり化しており、FPSゲーム
の仕組みを理解し、カスタマイズして楽しめる素材(プラットフォーム)は
なくなりつつあります。

グラフィック・サウンド・ゲームシステムをあえて単純化し、ゲームそのもの
の設計を簡素化することで、FPSゲーム自体の仕組みを理解し、自分流に
カスタマイズして楽しんだりできるのではないかと思います。
ブラックボックスではなく仕組みを理解することができ、自分で好きなように
カスタマイズできるワクワク感を提供するプラットフォームとして、Open
XOPSは存在するべきではないかと気が付きました。

具体的に何をどうするか っということまでは、まだ踏み込めていませんけど。


※名前を伏せる必要もない気もしますが、あえて個人名を挙げて紹介は
しません。ご本人が思い付きで気軽に発言した可能性もある中、私のせい
で第三者が過度な期待をすると、ご本人にご迷惑がかかるかもしれない
ので。
category : 管理人の独り言 comment [0]
← NEW - MAIN - PREV →
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

※過去のブログ記事は 原則として編集・修正していません。
 各記事の内容は投稿時のものであり、現在では異なる場合があります。
 最新の情報は、関係する内容について書かれた 最新の記事をご覧ください。

TOP