忍者ブログ
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
[-_-;] (みかん)
性別:
男性
趣味:
プログラミング、XOPS
自己紹介:
関東地方から中部地方に引っ越しました。
最新コメント
[09/24 NONAME]
[06/10 NONAME]
[01/29 NONAME]
[09/15 NONAME]
[04/16 ミカンファイトq(^-^q)]
カウンター
XOPSを取り扱うサイト「みかん箱」等を運営する[-_-;](みかん)のブログ。 近状を中心に語っていきます。
Prev Month12345678910111213141516171819202122232425262728293031Next Month
OpenXOPSをシェーダーに移植してオンライン化したい
唐突ですが、4Kディスプレイ買いました。
前々から欲しいとは思っていたものの、自分の求める条件を満たす
物が見つからず手に入れていなかったのですが、偶然 良さげなものが
売っていたので、買ってしまいました。(詳細は後日の記事にて。)


さて、
表題の通り、最近はOpenXOPSをシェーダーに移植してオンライン化
できないかと考えています。
どちらかといえば、「オンライン化」が主で、「シェーダー移植」は
主ではない感じですかね。

オンライン化については、ここ最近は前向きに検討しています。
今年2月ごろから「UNREAL XOPS」を見たことで『面白そうだなぁ』
と思い始めていたのですが、
それに加えて、そろそろXOPSのプレイ人口を増やしたいと考えて
いるからです。

XOPSで活動している自分にとっては、一生懸命OpenXOPSや
XopsAddonCreatorを作っても、殆ど見てもらえないでは意味がありません。
自分の活動なり作品なりを見てもらうためには、一定のプレイヤー
人数は必要です。

しかし、現状のままでは、XOPSのプレイ人口が劇的に増えることは
ありません。
一人でaddonを作ったり、関連エディタ・ツールを作って公開する
レベルでは、多少の効果はあると思われるものの、根本的な
解決・打開にはなりません。
一番良いのは本家XOPS側に大幅アップデートが行われることですが、
多忙なnine-two氏に過度な期待をするわけにもいきません。

結局、自分(または自分たち)で、本家XOPSの大幅アップデートに
代わることをするしかないのです。


「オンラインかオフラインか」という選択肢の中では、プレイ人口の
観点からは特にどちらでもよかったのですが、オンラインでいこうと
思います。
UNREAL XOPSにてオンライン化が試みられていて面白そうなのと、
AIが必須なオフラインで、高度なAIの構築は難しいと考えられるからです。

一方で、今のXOPSのグラフィックのままオンラインゲームを作って
も、(現XOPSユーザーのような一部の人を除き)見た目で軽蔑され
遊んでもらえないのは明らかなので、一定の見た目(グラフィック)
は必要だと考えています。
シェーダーが使えるようならシェーダーを使って、多少まともな
見た目のグラフィックは目標にしたいと思います。
一昔前のスマホゲームの3Dグラフィックくらいは出したいですね。
目安ですけど。

スケジュール感として、1・2年で形にするのは厳しいと思います。
一通り遊べるものになるまで、おそらく3~5年くらいは掛かる
でしょうか。。


この辺までは考えましたが、
 ・どんなゲームシステムのオンラインにするのか。
 ・どこまでのグラフィックレベルと動作環境を見据えるか。
 ・肝心のグラフィック、サウンドデータはどうするのか。
 ・自分たちでクリエイト(制作)できる要素を、どこに組み込むか。
とか、考えることはたくさんあります。
じっくり時間をかけて考えて作っていきたいです。
category : ソフト・ツール開発 comment [0]
PR
COMMENTS
【本文以外は任意項目です】
SUBJECT(タイトル)
NAME(お名前)
MAIL(メールアドレス)
HOME(サイトURL)
COMMENT(本文)
PASS(削除パスワード)
Secret?(管理者へのみ表示)

※スパム防止のため「Hello!」「website」「ブランド」「みかんの戦闘ブログ」
などの一部キーワードを禁止しています。ご了承ください。

※過去のブログ記事は 原則として編集・修正していません。
 各記事の内容は投稿時のものであり、現在では異なる場合があります。
 最新の情報は、関係する内容について書かれた 最新の記事をご覧ください。

TOP